ようこそゲストさま
e-mail
password
  • 春・秋行楽弁当箱
  • お茶時間-和風編
  • お茶時間-洋風編
  • 温か!耐熱鍋・うつわ
  • 白いうつわ
  • 暮らしの手仕事の道具と雑貨
  • お得なお祝いギフトセット

カテゴリー

作家・窯元一覧

うつわくらぶ京

Facebookページも宣伝

2017年 11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年 12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。

器の使い方

一般事項

おろす前に
■ ザラザラした高台の糸底は、食卓に傷をつけることもあるので、砥石やサンドペーパーで落として下さい。
■ 糸底どうし2つの皿を合わせて円を描く様にすりあわせて、滑らかにします。
■ ザラつきの強い器の場合は、ご使用の場合、敷物やテーブルクロス、ランチョンマットをお使い下さい。
汚れをとる場合には
■ 洗っても落ちない黄ばみなどの汚れは漂白剤につけてみます。
■ 十分に水洗いをして、臭いを流して下さい。
■ しかし、色絵・金・銀彩などの上絵付けものや陶器は変色しやすいので、漂白剤は避けて下さい。
陶器の器の特性
陶器の器は特性として吸水性があります。
■ 吸収した水分、成分で器の色が変わったりしますのでご使用になる前に米のとぎ汁で30分程度煮沸していただくことをお勧めします。
■ 汚れや匂いが付きにくくなります。
■ 煮沸後は完全に水分を乾かして収納して下さい。
陶器(土物)の器
■ お料理などにご使用される前、十分に水に馴染ませてからご利用頂くことをお勧めします。
■ 水に馴染ませることで、お料理の水分、脂分などの器への染込みを軽減することが出来ます。
■ 特に釉薬のかかっていない焼締めの場合はこの"給水"の手間をすることで汚れにくく、器自体も活き活きと見えます。
貫入について
■ 釉薬と素地の収縮率の違いにより焼成後の冷却時に生じるヒビが表面に現れる特性です。
■ 不良品のヒビではありません。
■ 使う内に器は味わいを増して趣きが出てきますが、貫入のある器は使う前に水につけて十分に水を吸わせてから料理を盛って下さい。
■ 臭い・汁気・油が染み込みにくくなります。
金・銀彩がほどこしてある器
■ 洗浄の際はスポンジや柔らかい布で汚れを洗い下さい。
■ オーブン・電子レンジ・洗食機のご使用は避けて下さい。

山本秀樹の釉薬の特徴を書きました。

「玄釉の特徴」
■ 山本秀樹さんが独自に考案された釉薬です。
■ 一見して鉄を思わせる風貌です。
■ 焼き〆られた土物の器に独特の渋い釉薬が掛けられています。
■ 風合いは角度によって鉄黒、茶褐色、銀色、シルバーグレーや小さい細かな銀色の輝きが表れています。
「ガラス釉の特徴」
■ ガラス質の釉薬です。
■ 粉引で化粧を施した器にガラス質の釉薬を掛けて焼成しました。
■ ガラス釉の特徴は釉薬の貫入と云われるヒビ紋様と細かい気泡紋様が入ります。

漆器の上手な使い方

1.長時間湯水に浸しておくことは避けて下さい。使用後は出来るだけ早く洗い、柔らかい布で水気を拭い、乾いた布で拭いておきますと長持ちします。
2.太陽光線等にさらしておくこと。湿度の高い状況下におくことは避けて下さい。変形、変色、カビを生じることがあります。
3.新しい漆器の匂いが気になる場合は、風通しの良い所に数日間置くか、2~3回温水で湯通しをしたり(高温は避けて下さい)、薄めた酢で軽く拭くと効果的です。最初に100℃の湯を入れると椀もびっくりします。なじませていく方がいいですね。慣れてきたら味噌汁など100℃に近い熱さでも結構大丈夫ですが、ポットのお湯や沸騰したお湯をイッキに入れるのは避けましょう。
4.油のしみ出ているものや、指紋が付いた場合には柔らかい布や紙で丁寧に拭きとって下さい。
5.タワシ、みがき粉、食器洗い乾燥機、電子レンジのご使用は避けて下さい。
木の器は生きています。大事に使うと長持ちします。

江戸木箸の上手な使い方

■ ご使用後はなるべく早く水洗いを行い、よく布でふきとって乾かしてお使い下さい。
■ 長時間水に浸しておくことは避けて下さい。
■ "擦り漆"が施してありますので、使い込む程に艶が出てきます。

竹の器の基礎知識と上手な買い方、使い方

歪まない丈夫さを選ぶ
■ いい器は見た瞬間思わず触りたくなるもの。
■ 触りながらささくれのない滑らかさをチェックする。
■ また、ちょっと力をかけて歪みのないしっかりした品を選ぶ事です。
湿気は厳禁です
■ 竹にカビの原因となる湿り気を残すのは厳禁です。
■ 天日干しをしましょう。
■ 日常の乾拭きを。
■ 汚れた時は天気のいい日にクレンザーをつけたタワシで水洗いをその後1~2時間ほど天日干しで乾燥させます。
■ 収納時は箱に入れないで下さい。

マタタビ細工の上手な使い方

■地元の山野に自生するマタタビの蔓性の植物を材料にしております。
手づくりのため作り手や制作時期によって多少大きさや形がいびつで個体差がありますが手仕事のものとしてご理解ください。
(複数注文の場合はできるだけ同じ様なサイズで送らせて戴きます)
■マタタビ細工は吸水性に優れ、ささくれもありますが、竹とは違い手にも優しいのが特徴です。
マタタビ笊を洗った後は湿気が残ったまましまうとカビの原因となります、よく乾かしてください。
■米研ぎ笊はご使用前に5~10分程水を張った中に浸けておくと素材が膨らみ目詰まりが防げます。