ようこそゲストさま
e-mail
password
  • 春・秋行楽弁当箱
  • お茶時間-和風編
  • お茶時間-洋風編
  • 温か!耐熱鍋・うつわ
  • 白いうつわ
  • 暮らしの手仕事の道具と雑貨
  • お得なお祝いギフトセット

カテゴリー

作家・窯元一覧

うつわくらぶ京

Facebookページも宣伝

2017年 11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

2017年 12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。

馬場勝文福岡県久留米

  • 黒釉急須 丸 - 7,560円 (税込)
  • 白磁マット急須 丸 - 7,560円 (税込)
  • 白磁マットしょう油差し(錫の蓋) - 3,240円 (税込)
  • 黒釉しょう油差し(錫の蓋) - 3,240円 (税込)
  • 白磁マット塩つぼ - 3,974円 (税込)
  • 黒釉さとうつぼ - 3,974円 (税込)
  • 土マット急須 丸(オフホワイト) - 7,560円 (税込)
  • 土マットすず手土瓶 - 8,640円 (税込)
  • 白磁マットキャニスター - 2,430円 (税込)
  • 土マット六角豆皿 - 1,166円 (税込)
  • 土マットリム深皿7.5寸 - 3,672円 (税込)

馬場さんは、大学卒業後2年間渡仏経験のある陶芸家として珍しい経歴の持ち主です。帰国後、信楽窯業試験場で研修課程終了、地元の窯元や福田英明氏のもとで修業を重ね、現在は福岡県で独窯して活躍中です。

釉薬や土の話を伺った時も実に拘りをもって丁寧に作業されている様子です。コンセプトは!?「シンプルで長く付き合うものを作りたい!」と。普通の日にも哀しかった日も楽しいことのあった日様々な精神状態に付き合える器が作れたらな・・・と日々考えています。重すぎず軽すぎず。重すぎるとズット食器棚の中ですし、軽すぎると長く使えるだけの強度に欠けるし。「ある程度で壊れてくれないと次を買ってもらえない」などと耳にすることがありますが陶工のはしくれとして哀しくなりますね。

馬場勝文さんの陶工としての姿勢・人柄が伺える素敵な言葉ですね。そんな馬場さんの好きなことは大のホームセンター好き。 「何か使えるものはないかな?このセンターはこんなところに力を入れているな?」って・・・近所のセンターは手にとる様にどこになにがあるか網羅しているそうです!笑陶芸に向ける情熱もさながら、どんなことでリラックスして過ごしているんですか?・・・ 仕事後の愛犬や猫ちゃんたちと戯れている時とか!?ほっと癒されるひと時なのでしょうね。

「最後に将来はどうしていたいですか?」 と尋ねたら・・・「溜息が出るぐらいの器を作るべく頑張っていきたいと思うのと、薪窯をやりたい、土を掘り、灰を作り、薪で焼くといった原始的作陶をやりたい。」と考えていらっしゃる馬場勝文さんのこれからの活躍を期待したいですね。

とても芯のある誠実で情熱を感じる作家さんです。

◆ 陶歴

1970年 福岡県久留米市に生まれる
1995年 福岡大学法学部卒業渡仏
1997年 帰国
1998年 信楽窯業試験場小物ろくろ科研修課程修了信楽丸十窯にて修行
2002年 信楽草土窯 福田英明氏について修行
2003年 福岡県久留米市にて独窯。