ようこそゲストさま
e-mail
password
  • 春・秋行楽弁当箱
  • お茶時間-和風編
  • お茶時間-洋風編
  • 温か!耐熱鍋・うつわ
  • 白いうつわ
  • 暮らしの手仕事の道具と雑貨
  • お得なお祝いギフトセット

カテゴリー

作家・窯元一覧

うつわくらぶ京

Facebookページも宣伝

2017年 09月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

2017年 10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。
本サイトでのお客様の個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。
当サイトはグローバルサイン発行のSSL電子証明書を使用しています。

一真陶苑長崎県波佐見町

  • ゆらり草林 フリーカップ - 1,458円 (税込)
  • 中鉢オーバルしのぎ 白磁 - 2,268円 (税込)
  • しのぎ茶碗白磁 - 1,296円 (税込)
  • カンナ丸皿(中)白磁 - 2,160円 (税込)
  • 多様鉢白磁 竹林手彫 - 3,024円 (税込)
  • スクエア大皿白磁B 市松手彫り - 4,455円 (税込)

有田から峠を1つ越えると波佐見です。

波佐見焼のルーツは慶長4年(1599年)大村藩主喜前公が朝鮮の役から帰藩の折、同伴した陶工李祐慶兄弟が現在の長崎県波佐見町に窯を築造したのが始まりです。

創始400年の歴史の中で有田焼だと思っていた器が実は波佐見で作られていた(くらわんか茶碗の様な実用的な一般雑器)ということも・・。

一真窯は波佐見の中尾郷に有る窯元さんで10人ぐらいの職人さんが作陶されています。一真さんと云えば白磁の“しのぎの技”のみごとさです。真崎さんがこの主宰ですが、彼の多種多彩な“手ぼり”をほどこした技は一見の価値あり。

最近は銀座のデパートなどでもその“手ぼりの技”が大展示されていたり・・・

♪店主も惚れ込んでいます。